🗞

今日のスクラップ

スクラップ

ホリエモンが明かす「民間ロケットとLinuxの共通点」 宇宙開発で今、切実に足りていない人材とは:何百兆円の産業が眠っている(1/5 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

今のロケット開発のフェーズはソフトウェア開発の黎明期に似ているという記事。

普通にLinuxの歴史の勉強になった。Linuxチョットデキルのリーナスさんって、ざっくりLinuxを作った人だと思っていたけれど、kernelを実装したのが父と呼ばれる所以なんですね。インターステラ社の代表やってる稲川さんは高校大学の先輩にあたる方なんで個人的に応援してます。

Git はなぜ空のディレクトリを無視するのか? - Qiita

logやoutputディレクトリを作れなくて仕方なく.gitkeepを作ってたので勉強になる。

ディレクトリのgit管理が難しいのは、親子関係や依存関係のあるデータの管理が難しいことに似てる。逆に言うと、gitはファイルの管理のみに絞ることで柔軟な差分管理ができるし、何かデータを差分管理したいときはその複雑性を認識しておいた方が良いかもしれない。たった一つの親子関係の管理だけでgitの仕組みは破綻するのだから。

AWS CloudShellで「rm -rf /*」を実行してみた | DevelopersIO

よい子は真似しないでね!記事から学ぶLinuxコマンド

  • OS情報: cat /etc/os-release
  • ディスク確認: df -h
  • マウントディスク: mount
  • ログメッセージ確認: tail -f /var/log/messages

なんとなくrm -rf /も実行してみました。こちらはやはり–no-preserve-rootオプションを付けなければ、削除処理が実行されない安全仕様になっています。

へー。間違えて打っても安心だ。

2分程度でコマンドの実行は完了しました。Amazon Linux 2で実行した時は20分ほどかかったので、あまり手応えがありません。

かっこE。全削除するとどれくらいの時間がかかるかという使い所のわからない知識を得た。

cdはbuildinコマンドで、lsは違うのも意識したことなかったな。

type -aで調べられるので手元のmacで試してみる。

>  type -a cd
cd is an alias for nocorrect cd
cd is a shell builtin
cd is /usr/bin/cd

>  type -a ls
ls is an alias for ls -F
ls is /bin/ls

>  type -a which
which is a shell builtin
which is /usr/bin/which

>  type -a touch
touch is /usr/bin/touch

>  type -a time
time is a reserved word
time is /usr/bin/time

>  type -a rm
rm is an alias for nocorrect rm -i
rm is /bin/rm

>  type -a mv
mv is an alias for nocorrect mv -i
mv is /bin/mv

>  type -a mkdir
mkdir is an alias for nocorrect mkdir -p
mkdir is /bin/mkdir

>  type -a awk
awk is /usr/bin/awk

>  type -a grep
grep is an alias for nocorrect grep
grep is /usr/bin/grep

buildinだけじゃなく、実はaliasなコマンドもあるんだ。

GraphQL Highway - Speaker Deck

さっと読んだが、そもそもGraphQLが覚えること多めなので実際に実装するときに再読したほうが身につきそう。まずはこのブログ(Gatsby)でいろいろQueryを作るところから始めよう…。 N+1、DoS、オブザービリティといった運用していると躓くであろうことが書かれているのが良かった。